線虫ガン検査に関連する銘柄について調べてみました~タコ先生さん主催「鉄人戦」参加にあたって~

投資(株、投資信託、暗号資産など)

Twitterでタコ先生さんが主催されている「鉄人戦」に、
この度2回目の挑戦をさせていただく機会を得ることができました。
今回の参戦銘柄は、「HUグループHD」(コード:4544)です。

HUグループHDは、11月半ばにニュース等でも取り上げられていました
「線虫がん検査」関連銘柄の一つでもあります。
今回、鉄人戦に挑戦させていただくにあたり、
「線虫がん検査」関連銘柄について調べてみましたので、
まとめてご紹介したいと思います。

もう先々週になりますが、
紹介していた銘柄のまとめ記事を作成しました。
監視候補探しの参考になると思いますので、
ぜひぜひご覧になってみてください。
記事はこちら⇒先週ご紹介してきた銘柄をまとめました(11月15日~11月19日)
10月末時点での投資信託ファンドの運用成績の確認を行い、
運用成績上位のファンドの組み入れ銘柄について
まとめた記事を作成してみました。
もし、まだご覧になっていないかたがありましたら、
未来のお宝銘柄が入っているかもしれませんので、
ぜひ一度チェックしていただければと思います。
記事はこちらです⇒運用成績が優良なファンドの組み入れ銘柄を調査してみました



線虫がん検査とは

九州大学発のバイオベンチャー「HIROTUバイオサイエンス」が開発しており、
「N-NOSE」(エヌノーズ)という名称です。
嗅覚に優れた線虫が、がんの匂いに引き寄せられることを利用しています。
生物の能力を活用したこの検査は尿一滴で検査できます。
簡単で痛みがなく、一度の検査で全身を網羅でき、
早期がんにも反応することが確かめられているそうです。
同社のホームページはこちら⇒HIROTSUバイオサイエンス
11月18日付けの発表で、
がん種特定検査の開発に成功し、
非侵襲な方法ですい臓がんの特定ができる新しい検査の
実用化を2022年に予定していることを発表しました。

関連する銘柄たちを紹介します



HIROTSUバイオサイエンスは非上場企業のため、
ここの株を直接保有することができません。
したがって、関連銘柄を探していくことになります。
過去の同社のプレスリリースをもとに少し調べてみましたところ、
いくつかの企業が上がりましたので、図でご紹介します。
※画像が粗くて申し訳ないです。
ワードプレスの仕様により画像がきれいに表示できませんでした。

啓発活動

各種生命保険会社は、
N-Noseを組み込んだ商品・サービスの開発
行っていくところもあるようです。
【該当銘柄】
○MS&AD(コード:8725)
三井住友海上あいおい生命保険株式会社○SOMPOホールディングス(コード:8630)
SOMPOひまわり生命保険株式会社

○第一生命保険株式会社(コード:8750)

エンターテインメント関連企業は、
主にアーティストやタレント等を起用して、
がん検査の促進に向けた啓発活動を担うようです。
【該当銘柄】
○エイベックス(コード:7860)

法人販促

【該当銘柄】
○株式会社イチネンホールディングス(コード:9619)

検査用消耗品の供給



【該当銘柄】
○アズワン株式会社(コード:7476)

解析センター

事業拡大の支援、個人情報取り扱いのノウハウの提供などを担うようです。

【該当銘柄】
○トッパン・フォームズ株式会社(コード:7862)



自動解析装置の開発・製造および保守を担うようです。
【該当銘柄】
○横河電機(コード:6841)
自社事業によって構築された医療機関との連携体制を生かして、
解析センターを支援していくようです。
【該当銘柄】
○HUグループホールディングス(コード:4544)
旧みらかホールディングス

利用者に対するサービス向上(検査速度、利便性)



検体集荷の体制を整え、利便性の向上を図るようです。
【該当銘柄】
○セイノーホールディングス(コード:9076)
プレミアムカード会員限定で、
通常よりも大幅に早いタイミング検査結果を
受け取ることができるサービスを提供するようです。
【該当銘柄】
○三井住友トラストホールディングス(コード:8309)
三井住友トラストクラブ株式会社

研究開発支援



研究開発を資金面からサポート
【該当銘柄】
○フューチャーベンチャーキャピタル(コード:8462)
えひめベンチャーファンド2013の運用元
以上の銘柄になります。
こうやって見てみると、実際の運用に必要な段取りが
しっかり整えられているように見えませんか。
いよいよ本格的に広まっていくことが期待できます。もっと深く調べてみると、他にも関連銘柄が見つかるかもしれません。
ぜひぜひ、皆さんご自身でもリサーチしてみてください。
意外なお宝銘柄が見つかるかもしれません。

鉄人戦にHUグループHDを選んだ理由

今回ご紹介した銘柄の中で、
今週の鉄人戦に参加する銘柄として
HUグループを選んだ理由に触れておきたいと思います。



1.線虫がん検査関連について、動きがいつあってもおかしくないこと
2.コロナ抗原検査やPCR検査関連銘柄であること
3.日足チャートが25日線を超えてきたこと以上の3つが大きな理由です。
特に2番目の理由に関しては、
アフリカ南部で広がっている「オミクロン株」により、
今週動意づけば良いなと考えています。

以上、線虫がん検査関連銘柄をご紹介してきました。

みなさんの監視銘柄選びの参考になりましたら幸いです。

それでは、今日はこの辺で失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました