ランキング(11月5日付)の中からピックアップ【投資初心者のあなたへ~株のお勉強】

投資(株、投資信託、暗号資産など)

この週末は、F1のメキシコグランプリが開催されています。
昨夜はフリー走行の第1回と第2回が行われました。

路面の汚れがひどく、走り始めは舞い上がったダストで画面中かすんでしまうような状況。
それほどのダストが路面を覆っているので、各車スリップやスピンが多発するフリー走行でした。
そんな中でも、日本人ドライバーの角田は、好タイムを出してこのセッションを終えています。
今夜の予選、明晩の本戦ともに、とても楽しみです!

F1中継を見るなら、DAZNを強くおすすめします。
DAZNでは、フリー走行1回目から本戦までをすべてライブ中継してくれます。
また、予選と本戦では、通常ライブ放送のほかに「F1ゾーン」という4画面同時放送が行われます。

この「F1ゾーン」が特におすすめで、1画面で以下の内容が同時に視聴できます。
①レース中継映像
②オンボードカメラ(時々、ヘルメット内からの視点もあり)
③タイムフィード(以下の4点が常に更新されながら表示されます。)
・各ドライバーの順位
・トップとのタイム差
・直前を走るドライバーとのタイム差
・各ドライバーのラップタイムおよびセクタータイム
④ドライバートラッカー(各ドライバーがコース上のどこにいるのかを表示)

「F1ゾーン」で視聴する時のレースへの没入感は、これまでのテレビ観戦とは比べ物にならないレベルです。
ぜひぜひ、F1を見るならDAZNでの視聴を体験してみてください。
今なら、下のバナーから、1か月無料でお試し視聴が可能です。

DAZN

F1中継のほか、F1関連番組、F2やF3、女性限定フォーミュラカーレースのWシリーズの中継など、モータースポーツだけでも豊富なコンテンツがあります。
他にも、野球やサッカーはもちろんのこと、総合格闘技やテニス、アメフトなども観戦可能です。
私は欧州サッカーが好きなので、F1がないウィークデーなどはプレミアリーグやスペインリーグの試合を見て楽しんでいますので、週末以外でもDAZNを利用しています。

それでは、今日の銘柄紹介にいってみます。

毎日のルーチン作業の中で気になった銘柄を取り上げます

私は現在、以下の金融商品に投資を行っています。

○国内個別株(主にスイングトレード)
○単元未満株の積み立て
○投資信託の積み立て
○暗号資産・NFT

上記の中で、個別株については、毎日ルーチン化した作業を行っています。
その作業によって監視リストを作り、主に日足チャートを用いて取引を行っています。

ですので、個別株について日々行った作業で監視リストに加えたものの中から、個人的に特に気になった銘柄を一つないし二つほどをこのブログでご紹介していきたいと思います。

どうやって監視銘柄を探したら良いか迷っている初心者の方、毎日多くの銘柄の中から監視候補を探すような作業をする時間がない兼業の方などの助けに少しでもなれたら幸いです。

現時点で毎日チェックしている項目は以下のとおりです
○監視リスト内の銘柄の日足チャート
○日々のランキング(値上がり率や売買代金等)
○大量保有報告書
○レーティング
○直近テーマ

ごく基本的なポイントをチェックしています。

ここで紹介する銘柄の購入を推奨するものではありませんので、十分ご留意ください。
また、当たり前のことではありますが、実際に投資する場合は自己責任でお願いいたします。

今日は昨日のランキングの中から取り上げます



今日取り上げるのは、フジ・メディア・ホールディングス(東証1部/コード:4676)です。

時価総額:2950億ほど
PER:16.15倍
PBR:0.36倍
信用売:347,700
信用買:169,700
信用倍率:0.49倍

寄り付きからの値上がり率ランキングでランクインしていました。
4日の決算発表で業績予想を上方修正したことが好感されたようですね。

信用買よりも信用売の残が多く、「売り長」の状況です。
通常の出来高から考えると決して多い量ではないのですが、好材料が出たあとなので、上げの燃料になるかもしれません。

テーマとして見た場合はどうでしょう

フジ・メディア・ホールディングスは、言わずと知れた大手放送メディアです。
同社のホームページはこちら⇒フジ・ メディア・ ホールディングス

放送事業を中心に、メディア・コンテンツ、都市開発・観光など多角経営を推進しています。

鬼滅の刃のアニメ映画のヒットや

東京リベンジャーズの実写映画など、

わかりやすい好材料もありますね。

テーマではないのですが、4日に発表された決算内容も良い印象です。
世間がアフターコロナに向かいつつある中で、業績の改善が進んでいる様子を伺うことができました。
アフターコロナ関連というと、どうしても「グルメ」や「旅行」といったキーワードが真っ先に浮かびがちなのですが、ここのような放送メディアにもなかなかに恩恵がありそうです。

チャート的にはどうでしょうか

昨日引け時点でのチャートです。

○月足(画像右上)
底打ちして上昇⇒押し目かなといった感じです。
○週足(画像右下)
ヨコヨコ。
○日足(画像左側)
長らく続いていたヨコヨコから上抜けた状態。
ボリンジャーバンドの+3αを突き抜けているので、このまま突き抜けて上がるのか、一旦調整するのか悩ましい・・・。

以上のようなことから、これから期待できるテーマ・材料を持っていることと、ここから数日のチャートの動きがとても気になることから、監視リストに加えました。

この銘柄、みなさんはどのように考えられますか?

それでは、今日はこの辺で失礼します。
また明日お会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました