カーマスターズ視聴完了!

雑談

カーマスターズ、とうとうシーズン3最終回に到達

ネットフリックスで視聴可能な車版ビフォーアフター番組「カーマスターズ」。
いかにもアメリカなカスタマイズで楽しませてくれた番組でしたが、とうとう終わりが近づいてきました。

ゴッサムガレージのコンセプトカーを作りたい

マーク代表の声掛けで始まったこのプロジェクトは、ウッディなど、これまでの仕事の稼ぎを一気につぎ込んで取り組むゴッサムガレージの一大プロジェクトとして進められていきます。

驚きなのは、マークの下で働くメンバーの給料は、支給停止状態で行われていること。
あれだけ時間と労力をつぎこんで、車いじってがんばったのに、給料も出さずにさらに働かせるなんて・・・。
とんだブラック企業になっているのです。

メンバーの給料は、コンセプトカーの材料代に消えた

メンバーに給料を払わないまま、資金はどうなったのかというと、コンセプトカーの材料代に消えます。
ゴッサムガレージには車を一から製造する施設がないので、既存の車をバラしてパーツを組み合わせながら作っていきます。
ただ、外見的にはゴッサムガレージのオリジナリティを出さないといけないので、ボディだけはマーク代表が作成したデザインを、外注して作ることになりました。

これがまた費用がかかる。
わざわざ遠方から専門家を呼んで作ってもらうことになったんですが、たった二人来てもらっただけで、資金の大半が消えたんです。
さすがに、ちょっとでもメンバーに給料払ってやれよと同情したくもなります。

バイクもやるとか言い出した

ボディができるまでの間、車の基礎となる部分を組み上げていくんですが、これと同時に、マーク代表が仕事を追加します。
「コンセプトバイクを作って、車とセットで売りたい。」

おいおい、マジか。
給料出さないくせに、まだ資金を突っ込むつもりか。

それは置いといて、肝心のバイクがありません。
コンセプトバイクを作るのは良いけど、ベースとなるバイクを買うお金がないんです。

「プリウスをカスタマイズして、バイクと交換しよう。」とマイク。

コンセプトカー作って、プリウスいじって、交換したバイクいじって、あれよあれよと工程ばかりが増えていきます。
いやほんと、メンバーのみなさんすごいよ。
普通、キレますよねw

ゴッサムガレージにもコロナの影響が

果てしない作業の果てに、ようやくコンセプトバイクが完成し、コンセプトカーも出来上がりそうというところまでやってきました。
このコンセプトバイクとコンセプトカーについては、大きいオークションにかけて売る予定でした。

しかし、ここでまた問題が、肝心のそのオークションがコロナで中止になってしまったんです。
ゴッサムガレージにもコロナ禍が襲い掛かってきました。

給料なしでがんばってきたメンバーもかなり落胆。
けれども、代替案が出ます。
オンライン中継してのオークションです。
今時な感じですね。

オンラインオークション

アイデアとしては良かったのですが、新しい試みに、なかなか参加者が集まりません。
また、人が集まったとしても、一堂に会する通常のオークションとは雰囲気が違い、思うような高値で売れるかもわかりません。

それでも、なんとか参加者が確保できてきて、コンセプトカーも完成しました。
(形状は、今回の記事の冒頭に掲載している車に近い感じです。色はほぼ黄色なので、だいぶ印象が違いますが。)

そして、オンラインオークション実施に踏み切ります。
オークション開始直後、なかなか値が付きませんでしたが、口火を切るものが現れると値が上がり始めました。

けれども、長くは続かず、途端にシーン・・・。
ゴッサムガレージの威信をかけたコンセプトカーとバイクの目標額には、今一歩届かない金額で止まってしまいました。
マーク代表は、オークションの成立を断念し、お開きにしてしまいます。

中継を終了しようとしたところ、一人の参加者から値上げの申し出がありますが、それでも目標に届かず、売れないまま終わってしまいました。

マーク代表の流儀

コンセプトカーとバイクで一気に稼ぐつもりが当てが外れてしまったゴッサムガレージ。
給料ももうしばらくお預けが決まってしまいました。
途方に暮れるメンバー。

そこへ、マーク代表が一台のボロい車を持って現れます。
どうやら、自腹でこの車を仕入れてきたようです。
これをカスタマイズして、売り上げから給料を払うと言い出します。

給料未払いでまだ働かせるのか!?
と突っ込みたくなりますが、マーク代表なりのお詫びのようです。
これをどういじっていこうかと笑顔のメンバー。
いかにもゴッサムガレージらしい展開で、シーズン3は終わりました。

ということで、車版ビフォーアフター「カーマスターズ」の個人的レビューを書いてみました。
ネットフリックスでしか見れないようなので、利用されてない人には視聴は難しいと思うのですが、ちょっとでも面白そうだな、見てみたいなと思ってもらえたらうれしいです。

それでは、また明日お会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました