アイキャッチ画像の上下が切れることの解決策

雑談

アイキャッチ画像、切れてるやん

今朝も雷雨ですよ

もう3日連続じゃないかと思うんですけど、今日は6時頃に雷雨でした。
今朝はやたら近くに雷が落ちていて、連続で轟音が鳴り響く有様。
だいぶ寝不足です。今夜は静かに寝たいのですが、また雨降ってます。

自分のブログサイト見ていて気が付いた

ふと、このブログのサイト表示見ていたら、せっかく設定したアイキャッチ画像の上下切れているのが多いんですよ。
なんでだろーって、いろいろ検索してみたんですが、なかなか解決に向かわない。

アイキャッチ画像の編集画面開いてどうしたものかと悩んでいたら、トリミングとかして縦横比を16:9にしてやらないといけないっぽいことに気づきました。

ただ、もともとの画像が16:9からかけ離れすぎているため、アイキャッチ画像の編集画面で縮小して16:9に収めようとしても、トリミング部分が画像外を空白部分として扱うことを許してくれないので、この画面では対処しようがなさそうです。
ペイントに一回貼り付けていじるしかないのかなーと考えたところで、ひとまず今日は諦めました。

※2021年9月10日追記:投稿記事を縦列カード2列に配置にすることで、無事解決しました。
「Cocoon設定」⇒「インデックス」タブ
⇒下にスライドして「カードタイプ」のところです。

ではでは、昨日の話の続きをします

昨日のブログでは、海外のテレビ番組から、「クラシックカーディーラーズ」に触れました。

買い付け・販売担当の小太りのおじさん「マイク」と、整備・カスタマイズ担当ののっぽのおじさん「エド」のコンビが、ぼろぼろの車を、整備・カスタマイズして見事に復活させるという
車版ビフォーアフターとでも言うべき番組です。

車好きなら絶対見るだろう!的な番組だと思います。
で、そんな番組が、いきなり有料枠になって見なくなってしまったところに、Netflixで代わりになる番組を見つけたというところまで書いてました。

番組名は「カー・マスターズ」

Netflixで見つけたこの番組は、「ゴッサムガレージ」というお店で働くかなりヤンキーな面々が、ボロボロの車を買い付けてきて整備・カスタマイズします。

それをより高価な車(といってもそれも結構ボロボロだったりするんですが)と交換、さらに整備・カスタマイズして、以下同文。。。
車版わらしべ長者みたいなことをしていくわけです。

ただ、「クラシックカーディーラーズ」とかなり毛色の違う感じなんです。
ゴッサムガレージの面々は、そのヤンキーな佇まいと同様に、車のカスタマイズもかなりヤンキー。

まぁ、結構いろんなゴツゴツしたものがついてたりするわけです。
原型をとどめないんじゃないかってくらい、フレームをカットしたりするし、カラーリングも結構奇抜な感じ。
「ちょっとやりすぎでは・・・。」って思うくらい。

それでも車を楽しそうにいじってるのを見るのは楽しいんです。

日本って、車いじってると値段下がってしまう傾向にあると思うんですけど、海外ってそれが付加価値として認められてるんですよね。
そういうのっていいなーと思います。
それでも、ゴツゴツ付いてるような車は個人的には趣味ではありませんが、危険性のない範囲で個性のある車が評価されるっていうのは、あっても良いんじゃないかなと思います。

そういうところで、新車販売と中古車販売が住み分けされるとおもしろくならないですかね。
車業界に居たことがあるわけではないので、まったく内情はわからないのですが。

今日はこの辺で。

ということで、二日にわたって、車を扱った海外番組のことを書きました。
明日は、なんとか冒頭のアイキャッチ画像問題を解決したいと思っています。
それでは、また明日もお会いできるのを楽しみにしております。
おやすみなさい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました