F1ベルギーGP本戦の珍事

F1

F1史上稀な展開を見ることに

ブログ開設3日目です

今日偶然ご覧になってくださったかた、引き続きご覧になってくださったかた、
ほんとうにありがとうございます。
ぐっちょんの雑記ブログは3日目となりました。
さて、私が暮らしている福岡なんですが、今日も暑い一日となりました。
じめじめとした日が続くよりはだいぶマシなんですが、
もともと山育ちの私には、暑さに若干負け気味です。
ふと気づいたのですが、セミの声がほとんどしなくなりました。
8月も終わりますからね。
暑さだけではまだ夏だと思ってたんですが、
ふとしたことで、季節は少しずつ秋に変わってるんだなーと感じた午後でした。

F1ベルギーGP本戦は大雨に見舞われました

スタートの22時になったことに気づかず、ちょっと遅れてDAZNのF1中継を開いてみると、
グリッド上にはまだ人がたくさんいて、特に慌てた様子もない感じ。
スタートの大事な場面を見逃したと思っていたので、
スタートが遅れていたのはラッキーと思ったんですが、
遅延の原因となっている雨が収まらず、なかなかスタートしない。
ワクワクした気持ちもだいぶダレてしまって、
ひたすら降る雨と、シートに座ったまま待ってるドライバーたちの姿が映し出されるのみ。

22時半頃だったでしょうか。やっとフォーメーションラップスタート。
とにかく水煙。
いや、無理でしょこれ。レースなんかしたら絶対事故るやん。
案の定2周まわったところで、みんなピットロードに引っ込んでしまいました。
そこから待てども待てども始まらず、これ以上待つと明日に響くと思って、
こりゃあダメだと諦めて寝ました。

結局どうなった?

起床後、レースはどうなったのかと調べてみると、
●3時間半遅れて開始→「うわー、1時半まで待たされたのか。」
●レースは2周で終了→「待ってた人、報われねー。」
なので、ほぼ予選の順位のまんま確定したようです。
ただし、ポイントは通常の半分。
F1史上最短走行距離での決着となりました。

レースを見たかったけれども、いたずらに命を削るようなレースを見たいわけではないので、
チケット買って現地で見ていたみなさんにはかわいそうな展開となってしまいましたけど、
運営のFIAがレースを強行しなかったのは正しかったと思います。

結果、角田選手は16位スタートだったので、ノーポイント。
予選の低迷が悔やまれます。
そして、ウィリアムズのジョージ・ラッセルは本戦での2位確定。
たった2周でも一応記録では2位とつくわけですから、
本人にとっても、チームにとってもうれしい結果でしょうね。
できれば、本戦をどのように戦ってくれるのかを見たかったのですが、
次のレースに、この楽しみはとっておきたいと思います。

ウィリアムズの躍進がもたらすものは

ウィリアムズがこれだけ活躍してくれると、
俄然中団争いがおもしろくなってきます。
メルセデスとレッドブルのトップ争いもおもしろいのですが、
個人的には、中団争いを繰り広げているチームたちの争いのほうが楽しいです。
角田選手が所属するアルファタウリ、ベッテルがいるアストンマーチン、
ラッセルが所属するウィリアムズ、前回ハンガリーで優勝したオコンとアロンソがいるアルピーヌ、
ライコネンが所属するアルファロメオ。
どこが一歩抜き出ていくか、とてもワクワクさせてくれます。

日本グランプリ(鈴鹿)は今年度開催中止に

今年度の日本グランプリは中止が発表されました。
スタッフのビザ発給に関わる理由と言われてます。
今回のベルギーグランプリのフリー走行の放送中で解説のかたがおっしゃっていたのですが、
ホンダのスタッフのかた(山本氏?)が、開催に向けてかなり尽力されていたようです。
結果として、その尽力も虚しく、中止が発表されたわけですが、
ホンダとしては、ホンダエンジンのラストイヤーに、
ぜひ日本に凱旋したいとの思いが強かったのでしょう。
解説のかたが、ホンダのスタッフのかたにインタビューして、
鈴鹿開催に奔走したときの裏話を聞かせてもらったそうで、
モータースポーツ雑誌「auto sports」の来週か再来週の号に掲載されるそうです。
チェックしてみてはいかがでしょうか。

F1中継を見るなら、DAZNを強くおすすめします。
DAZNでは、フリー走行1回目から本戦までをすべてライブ中継してくれます。
また、予選と本戦では、通常ライブ放送のほかに「F1ゾーン」という4画面同時放送が行われます。

この「F1ゾーン」が特におすすめで、1画面で以下の内容が同時に視聴できます。
①レース中継映像
②オンボードカメラ(時々、ヘルメット内からの視点もあり)
③タイムフィード(以下の4点が常に更新されながら表示されます。)
・各ドライバーの順位
・トップとのタイム差
・直前を走るドライバーとのタイム差
・各ドライバーのラップタイムおよびセクタータイム
④ドライバートラッカー(各ドライバーがコース上のどこにいるのかを表示)

「F1ゾーン」で視聴する時のレースへの没入感は、これまでのテレビ観戦とは比べ物にならないレベルです。
ぜひぜひ、F1を見るならDAZNでの視聴を体験してみてください。
今なら、下のバナーから、1か月無料でお試し視聴が可能です。

DAZN

F1中継のほか、F1関連番組、F2やF3、女性限定フォーミュラカーレースのWシリーズの中継など、モータースポーツだけでも豊富なコンテンツがあります。
他にも、野球やサッカーはもちろんのこと、総合格闘技やテニス、アメフトなども観戦可能です。
私は欧州サッカーが好きなので、F1がないウィークデーなどはプレミアリーグやスペインリーグの試合を見て楽しんでいますので、週末以外でもDAZNを利用しています。

今日もご覧くださったかた、今日初めてご覧くださったかた、
ほんとうにありがとうございました。
ベルギーグランプリも終わりましたので、
明日はまた別の話題で進めていこうかなと思っています。
ぜひ、明日もご覧になっていただけたらうれしいです。
それでは、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました