クラフターの道の終わりは、まだまだ遠かった

FF14(エオルゼアライフ)

3連休最終日、いかがお過ごしでしょうか

世間は3連休最終日を迎えました。

私自身には、休日も祝日もあったもんじゃないんですが、我が家の子どもたちは3連休の最後を謳歌しようと思い思いに楽しんで過ごしているようです。

ゲームしたり、おりがみで遊んだり、自作のすごろくを作ってみたり。
共通しているのは、みんな騒がしい。

時々響く金切り声が、頭に響きます。
そんな午後に、この記事を書いています。

クラフター道も一区切りかと思っていたら・・・

先日のブログで、クラフターとギャザラーの装備更新を行い、一区切りがついたとホッとしていたところまで掲載していたのですが、実はまだまだやることがいっぱい残っていました。

奇譚保有量が上限に到達

ある日、日課のエキルレを終えたときのことです。

奇譚が上限量貯まってしまっていました。
ただ、装備品はもういらないしなーということで、素材に交換して何か製作してマーケットで売り捌こうと考えたんです。

そして、奇譚の交換窓口でいくつかの素材と交換しました。

どうせ他に使い道もないので、気前よく全部の奇譚を素材に交換しました。
そして、さっそくクラフト画面を開くと、衝撃の事実が発覚!

装備品のスペックが足りない!


なんと、セイントハンドシリーズでは、加工精度がちょっと足りない。
「えっ!?だって、白貨で全部揃えたのに!?」
なんてこった、中間素材系すら作れないなんて。

そして、白貨の納品窓口の近寄ってみると、その右隣に別の交換窓口がありました。
お名前はリンベスさん。

リスプレンデントツールって何ですか?

どうやら、セイントハンドシリーズの上位がまだあるらしいのです。

入手までの手順は以下のとおりです。
(1)黄貨を集め、スクリップ交換窓口で、リスプレンデントツールの一次素材と交換
(2)一次素材から、一次加工部材を製作。
(3)一次加工部材をリンベスに納品し、リスプレンデントツールの二次素材と交換
(4)二次素材から、二次加工部材を製作。
(5)二次加工部材をリンベスに納品し、リスプレンデントツールの三次素材と交換
(6)三次素材から、三次加工部材を製作。
(7)三次加工部材から最終素材を製作。
(8)最終素材を60個作ったら、主道具一つと交換できる。

果てしない流れですね。
ちなみに、この一次素材を作るのにも、セイントハンドシリーズではスペック不足でした。

そして、私は察した

「これ、禁断じゃね?」

レシピからの製作品で、エクサークシリーズがあるんですよね。
存在自体は知ってました。
けど、これには触りたくなかったんです。

それは禁断をしたくないから。
金食い虫のマテリア禁断。
苦労して貯めたギルが飛ぶように消えていくから、大っ嫌いなんです。

エクサークシリーズのレシピを一通り確認。
帯防具はもうすぐ消えてなくなるから禁断したくないので、それ以外の防具と、アクセサリーは指輪を一つだけ作ることにしました。
セイントハンドシリーズのアクセサリーは、4つ以上でCPボーナスが付くので、それを生かすための選択です。

ひとまずこれで作ってみて、スペック的にやっていけるかどうかを見てみることにしました。

今日のところはこの辺で

ということで、さらなるクラフター道へと歩みを進めることになりました。
マテリア禁断で、貯ギルがどこまで減ってしまうのか、そればかりが心配でなりません。

この話の続きは、次回以降に掲載させていただきたいと思います。

それでは、また明日お会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました