【速報】祝!マクラーレンのランド・ノリスが初のポールポジション【F1ロシアGP】

F1

ノリス、ポールポジションおめでとう!

前回、チームメイトのダニエル・リカルドに続く2位フィニッシュを成し遂げたランド・ノリスが、ロシアGP予選でポールポジションを獲得しました。
ほんとうにおめでとう!
前回は、リカルドのサポートに回る立場となり、悔しい思いも少なからずあったのではないかと思いますが、今回はノリスの番なのかなと、期待できる走りを見せてくれました。

若手ドライバーでトップ3を独占!

ノリスに続いて2番手スタートとなるのは、フェラーリのカルロス・サインツ。
昨年までマクラーレンでノリスのチームメイトだったドライバーです。
オフには、いっしょにゴルフに行くほど仲の良いチームメイトだったようです。

そして、3番手には、これまた驚きのウィリアムズのジョージ・ラッセル。
来シーズンからメルセデスに移籍することがすでに発表されており、今モチベーションが最も高いドライバーかもしれません。

フェルスタッペンがエンジン載せ替えペナルティの関係で予選アタックを棄権した(※)影響もあるとは思いますが、以上のラインナップとなり、F1ドライバーの世代交代の波が着実に来ていることを感じる結果となりました。

※現行のF1は、毎回新品のエンジンを使うわけではありません。シーズン中に、使用できるエンジンの数が予め決められており、これをオーバーして使用するときには、ペナルティとして、本戦での最後尾スタートを課されるという規定があります。

予選Q3の流れを変えたジョージ・ラッセル

今回の予選は、雨上がりの路面でスタートしました。
Q1、Q2と、どの車もインターミディエイトやウェットという濡れた路面用のタイヤを使用して走っていました。

そして迎えたQ3。
最初の周回を始めて間もないところで、ウィリアムズのジョージ・ラッセルのチーム無線が流れます。
「ドライタイヤを用意しておいてね。」

テレビ画面で見ている限り、とてもドライで行けそうには見えませんでした。
だって、インターミディエイトはいても、みんなズルズル滑って、クルンクルン回っていたんです。
解説の中野信二さんも、「こればっかりは、走っているドライバーにしかわからないからね。」とのこと。

このチーム無線、他のチームにも丸聞こえなわけで、おそらくこの無線を聞いて同じくドライで行こうと決めたドライバーが多かったと思います。

この動きがあるまでは、車の性能と濡れた路面への適応力、踏んだ場数の違いなどから、メルセデスのルイス・ハミルトンのポールポジションは安泰だと、多くの人が思っていたんじゃないかと思います。
実際、私もそう思ってました。
フェルスタッペンもいないし、これは仕方ないなと。

そして、若手ドライバーがハミルトンを上回った

ラッセルは、すぐにピットインしてソフトタイヤで出て行きます。
けれども、かなり挙動は怪しい。
一生懸命姿勢を保っている感じで、とてもタイムが出そうにありませんでした。

濡れた路面は、単純に滑りやすいほかにも、タイヤが温まりにくいというデメリットもあります。
柔らかめのソフトタイヤで出たとしても、タイヤが温まらなければ、タイヤとしての機能が大きく落ちてしまうので、ラッセルの挙動が乱れるのは仕方がないのです。

それでも、ラッセル以下、多くのドライバーがソフトタイヤに交換していきます。
「これは、良いトライだったけど、さすがに無理だったか。」と思いながら見ていたんですが、もう、その次の周から状況が変わりだします。

1周まわるだけで、路面上の走行ラインは乾いていっています。
これに伴って、早くにタイヤをソフトに替えたマシンは、タイヤが温まってきて、タイムが好転してきました。

ついに、ラスト1分を迎えようかというところで、ラッセルに続いてタイヤを変えていたサインツが、ハミルトンを捉えそうな勢いで走ってきます。
そして、サインツがコントロールラインを超えたとき、大きくハミルトンを上回りました。

続いてやってきたノリスが、これをさらに更新し、トップに躍り出ます。

流れを変えた張本人のラッセルもノリスに続いてタイムを上げてきますが、ノリスとサインツを上回れずに3番手となりました。
けれども、ラッセルの車が二人と比べてかなり劣ることを考えると、この予選では、ラッセルが一番早く走ったように思います。

このドライバーが、来季はメルセデスに乗るんですよ。
早くて、若くて、勝負強い。
めちゃくちゃ怖くないですか。
メルセデスがさらに強くなってしまいます。

ということで、F1ロシアグランプリの予選を、私なりにレビューしてみました。
日本人ドライバーの角田がQ2で敗退してしまったのは残念でしたが、今年一番と言えるくらいスリリングでおもしろい予選を見ることができました。

世代交代が動き出した今が、たぶん一番面白くて見ごたえがあるタイミングだと思います。
イケメンドライバー揃いの今年のF1。
みなさんそれぞれの推しメンを見つけて楽しむのもアリです。

F1中継を見るなら、DAZNを強くおすすめします。
DAZNでは、フリー走行1回目から本戦までをすべてライブ中継してくれます。
また、予選と本戦では、通常ライブ放送のほかに「F1ゾーン」という4画面同時放送が行われます。

この「F1ゾーン」が特におすすめで、1画面で以下の内容が同時に視聴できます。
①レース中継映像
②オンボードカメラ(時々、ヘルメット内からの視点もあり)
③タイムフィード(以下の4点が常に更新されながら表示されます。)
・各ドライバーの順位
・トップとのタイム差
・直前を走るドライバーとのタイム差
・各ドライバーのラップタイムおよびセクタータイム
④ドライバートラッカー(各ドライバーがコース上のどこにいるのかを表示)

「F1ゾーン」で視聴する時のレースへの没入感は、これまでのテレビ観戦とは比べ物にならないレベルです。
ぜひぜひ、F1を見るならDAZNでの視聴を体験してみてください。
今なら、下のバナーから、1か月無料でお試し視聴が可能です。

DAZN

F1中継のほか、F1関連番組、F2やF3、女性限定フォーミュラカーレースのWシリーズの中継など、モータースポーツだけでも豊富なコンテンツがあります。
他にも、野球やサッカーはもちろんのこと、総合格闘技やテニス、アメフトなども観戦可能です。
私は欧州サッカーが好きなので、F1がないウィークデーなどはプレミアリーグやスペインリーグの試合を見て楽しんでいますので、週末以外でもDAZNを利用しています。

それでは、また明日お会いできるのを楽しみにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました